CAMP1年生

2017年8月24日、ファミリーキャンプデビュー!主婦目線、小学生の母目線、女性目線のキャンプの楽しみ方を探してあれこれやってみるブログ

ユニフレーム『焚き火テーブル』の3枚用トートバッグをDIY!

こんにちは、キャンプ2年目のユミ(@fruor.yumi)です。

どんどん増えるキャンプグッズ。

毎回出撃のたびにヒーヒー言いながら運んでいますが、少しずつ快適に運べるようにしたいところ。

で、手芸店で帆布を買ってきました!

new・8号帆布(ハンプ)日本製・92cm巾(単位50cm)

価格:594円
(2019/4/10 15:39時点)
感想(68件)

 

 

作ったのはこちら〜!

f:id:theakatsuki401:20190410152825j:image

 

中には、我が家で一人1枚愛用の、『ユニフレーム焚き火テーブル』がきっちり3枚入ります!
f:id:theakatsuki401:20190410152816j:image

 

 

www.camp1nensei.com

 

 

実は、焚き火テーブル専用のトートバッグがユニフレームから販売されているんですが…

残念ながらこちらは2枚しか入りません。

これを2つ買うのはすごく悔しい。

 

今まで、購入した時に入れてもらった、WILD-1のビニール袋に入れていましたが、もう限界ですw

今にも破けそうだし、何より美しくない…

 

焚き火テーブル3枚となると、重さも結構あるので、しっかり作らないと破けます。

帆布は迷わず家庭用ミシンで縫えるギリギリの厚さ、8号を選択。

針も厚地用、糸も30番を使用しました。(じゃないと針がすぐに折れます)

 

サイズは40×56×8になるようにしています。

これは、本家焚き火テーブルトートのサイズに、焚き火テーブル1枚分の厚さ2.5cmを足したものです。

本家も厚さ5.5cmということで、テーブルの厚さに0.5cm追加しただけ。

結構シビアなサイズにびっくりします。

 

8号帆布は、6枚重なるとかなり厳しいので、なるべく折らずに作りました。

布の端は、綾テープで始末したかったんですが、なかなか難易度の高い作業…

1度失敗して、諦めてジグザグミシンで始末しました。

当たり前ですが、直線縫いと比べて圧倒的に糸の消費量が多いジグザグ…

 

トートバッグ1つ作ったら、買ってきた100mをほぼ使い切ってしまいました。
f:id:theakatsuki401:20190410152821j:image

 

 

まだたくさん帆布あるのにー!

次はスノーピークのパイルドライバーのケースを作ろうと思ったのにー!

また手芸屋さんに行かなきゃです。

 

 

お気に入りの道具が増えてきて、やっとケースの作りがいがでてきました。

今回帆布を3m買って、今回使用したのが70cmほど。

糸や持ち手のテープも合わせて買って3000円ちょっとでした。(トートバッグ1つ分ちょいですね!)

やっぱりハンドメイドは安い!

そして、同じ帆布で統一すると、雰囲気もまとまりそうなので、引き続きDIY頑張りたいと思います!

 

www.camp1nensei.com

www.camp1nensei.com

www.camp1nensei.com