CAMP1年生

2017年8月24日、ファミリーキャンプデビュー!主婦目線、小学生の母目線、女性目線のキャンプの楽しみ方を探してあれこれやってみるブログ

GWのカンパーニャ嬬恋で、平成最後の過酷なキャンプ【後編】

こんにちは、キャンプ2年目のユミ(@fruor.yumi)です。

前回に引き続き、GWのカンパーニャ嬬恋で過酷なキャンプをしたことを書いていきます。

前半はこちらです。

 

 

 

 

吹雪や強風にびびったりしつつも、3日目までなんだかんだ楽しく過ごしていました。

バラギ湖の周りは1周歩いて回れるので、虫眼鏡を持って探検気分でお散歩なんかもしました。

自然がしっかり残っていてすごく良かったです。

ザ・休暇って感じがして、都会でストレス社会に揉まれて薄汚れた心(どんだけ)が浄化される様な気がしてくるほどです。
f:id:theakatsuki401:20190509170837j:image
f:id:theakatsuki401:20190509170846j:image
f:id:theakatsuki401:20190509170833j:image

 

少し喉が痛いなー、乾燥かなーなんて事もあったかなぁ…。

3日目は、ビッグイベントが待っていました。

なんとキャンプ場内でお引越しです!

 

というのも、流石に4泊連続でキャンセルが出ることはなく、2泊を2回でなんとか抑えたんです。

カンパーニャ嬬恋は、チェックアウトが12時、チェックインが13時ですが、スタッフの方から、『前の方が出られたら何時でも移動して大丈夫ですよ』と言っていただいていたので、ちょこちょこチェックしつつ、運べる程度に荷物を片付けていました。

息子が10時にソーセージ作りに行ってから、移動スタート。

それほど離れていないサイトを選んだので、私は歩いて5往復くらいちょこちょこテーブルや椅子を運んで、主人はその間にテントの撤収など。

 

1日で撤収&設営もツインピルツなら余裕です。

やっぱりワンポール・ツーポール系は設営がカンタン。

f:id:theakatsuki401:20190509170841j:image

次のサイトも草原の近く。

カンパーニャ嬬恋にはめちゃくちゃひろーい草原があります!

この草原が、凧揚げやフリスビーやキャッチボールなど、思いっきり遊べるので、小学生以上のお子さんがいる場合は楽しいと思います。

ただ、風が強いのでバドミントンには向かないかも。

f:id:theakatsuki401:20190509180013p:plain

https://www.muji.net/camp/tsumagoi/map/

EからFにお引越しです。

本当はCの林間サイトを予約していたんですが、地面が土で、雨撤収になりそうだったので、白いテントには厳しいかも…と思い、相談して草原サイトで空いていたところに変更してもらいました。

林間サイトに比べ、草原サイトの方がどこのサイトもサニタリー棟への距離が近いです。(Cの予約していたサイトはトイレが遠かった)

 

無事に設営も完了した頃から、しとしとと雨が…

草原サイトも、区画によっては芝が剥げていてぬかるんでいるところもあり、当たり外れがある印象でした。

 

お風呂に行きつつ食材の買い足しもし、板氷を追加しました。

夕飯はカレーを作ったんだけど、どうもこのあたりでパタリと写真がなくなっています…。

覚えているのは、頭痛を感じて夜は早々にシュラフに潜り込んだこと。

 

 

そして4日目の朝。

雨です。

もう止む気配ゼロの雨。そして寒い。そして、私発熱!

朝は昨日買った地元で作っているロールパンに、息子が作ってきてくれたソーセージを挟んで、スープと一緒にいただきました。(写真撮る余裕ゼロ)

朝ごはんを食べて、少し横になっていると、主人が『1日早めて帰ろう。全部撤収するから、とりあえず寝てて』と…

少し横になれば回復するよ!と根拠なく言い張る私と、説得する主人のやりとり数回。

もうお任せしようと降参しました。

 

そこからはあまり記憶もなく…

主人が雨の中、ぐちゃぐちゃの泥と戦い、全ての撤収を一人でしてくれました。

そのまま240kmの帰路を激走。

幸いひどい渋滞はなく、割とスムーズに帰ってくることができました。

 

泥だらけのテントは、翌日グランロッジへ持ち込み、テントクリーニングへ。

1日早く帰宅することを決断してくれた主人の判断は正しかったです。

私はその後丸2日寝込みました。

 

今思えば、初日の夜、強風にビビってまともに眠れなかったことが敗因でした。

キャンパーはどんな時も、ぐーぐー眠れる強メンタルが必要なんですね。

いやー勉強になりました!お疲れ主人!