CAMP1年生

2017年8月24日、ファミリーキャンプデビュー!主婦目線、小学生の母目線、女性目線のキャンプの楽しみ方を探してあれこれやってみるブログ

カマボコテント2販売決定!!初心者が使ってみた感想を書いてみます。

今日は、キャンプ1年生のユミ(@fruor.yumi)です。

DODからカマボコテント2再販のお知らせが出ましたね!

 

www.dod.camp

 

今回はタン、ベージュ、ブラックの3色が、7月31日昼12:30〜販売されるそうです!

 

 

販売店は6つ(ブラックは5つ)。

一瞬で完売してしまうのかなぁ。

 

↓の店舗は楽天なので、楽天会員の方は新たに登録しなくても買えますよ!

 

 

実は以前散々カマボコテント欲しい!と言っていたのですが…

 

www.camp1nensei.com

 

実はナチュラム限定カラー(グレー)を買ってしまいました(笑)

だって使ってみたかったんだもん。

グルキャン、ファミキャンと2パターンで使ったので、レビューしてみます。

 

 

 

 

カマボコテントのいいところ

設営が簡単!

ツールームは設営が大変、と聞いていましたが、カマボコテントは全然そんなことないです!

アウターのスリーブに4本のポールを入れるのですが、ポールは全部同じなので、『違うスリーブに入れちゃった!』なんて事がありません。

間違えるポイントがほとんどないので、ど素人の私たちでも毎回30分くらいでちゃんと完成しています。

(強風の中で設営した事はないので、風に煽られたら大変かもしれません。多分どんなテントも大変だと思います。キャンプ1年生の我が家は、天気が荒れそうな時は大人しくキャンセルしています。)

 

区画サイトでレイアウトに悩まない!

アメニティドーム+アメニティヘキサLの組み合わせだと、区画サイトにどうやって収めるかがすごく難しかったです。

タープのサイズが大きいのもあり、テントを組み立てた後ちょっとずらさないと張り綱張れない、とか、タープのロープがポールからあんまりな離せない、とか…

微調整を何度もして余計な時間がかかりました。

その点カマボコテントだと、場所と向きしか考える事がないので、悩みようがありません。

不慣れな初心者にとってこれはすっごく助かるポイントです!

 

 

まるで家!な寝室とリビング

 

↑のような、スクリーンタープを使った事がなかった我が家にとっては、カマボコテントのリビングスペースは思ってたより断然快適でした。

 サイドを全部メッシュにすれば風が通って気持ちいし、全然暑くないです。

虫もこないし雨が降っても安心感があります。

そして、トンネル型テントの中でも寝室が小さめ、リビングが大きめなのもとってもいいです!

家族3人だけで行った時はテーブルと椅子、キッチンセット、ゴミ箱、コンテナ、クーラーボックス全てリビングスペースに設置しましたが、それでも十分な広さがあります。

そして、寝る時はファスナーを閉めるだけでOKなのもなんとも楽チンです。

 

大人数がくつろげる大きなリビング

大人8人、子供5人+赤ちゃんの大所帯グルキャンで使った時は、キッチンを外に別で設営し、みんなのテーブルと椅子を並べて宴会が出来ました!

カマボコテントの場合、幕が垂直に近い角度で立ち上がっているので、テーブルとチェアを置いても、端に荷物が置けました。

デイキャンプではインナーをぶら下げずに巨大なシェルターとしても使えます。

 

 

ペグが使える

蓄光フック付きのスチールペグがついています。

テント付属のペグって、『使い物にならない』などのレビューをよく見かけますが、硬い地面じゃなければ十分使えます。

(ちなみに、スノーピークのアメニティドームについているペグも、十分使えました)

我が家は少しずつソリッドステークを買い足しています。

 

プラスチック製のものは、厳しいと思います。

ちゃんとしたペグを必要数購入するのって結構お金かかるので、強いペグが必要なところをソリステ、それ以外は付属のものも使ってます。

 

 

何と言っても安い!

ドームテントとタープを買うとなると、エントリーモデルでも5〜6万円します。

 

カマボコテントなら変わらない値段でツールームが買えます。

 

TTセットは設営したことがありませんが、TTセットのテントの設営方法はカマボコテントと同様で、ポールの数が1本少ない形なので、テント1つ建てる労力にほんの少しプラスすればカマボコテントが立てられると思います。

+タープ設営よりは圧倒的に楽なはず。

とはいえ、TTセットもキャンプ場で使っている方よく見かけますが、やっぱりスノーピークはかっこいいですけどね(笑)

 

 

 

気になった点

 でかくてベランダでは干せない

一度ベランダで干してみましたが、物干し竿2本+ベランダの壁にジグザグにしてなんとか、という感じでした。

マンションのベランダで干すのは、できないことはないですが厳しいです。

布の面積が大きいので、少しの風でもかなりあおられて危険そうです。

もし雨撤収になってしまったら、大きなゴミ袋に入れて持ち帰って、近所で広げて干す感じかも…

ドライバッグもいつか(買うものがなくなったら)欲しいです。

 

結露が気になるという声も…

まだ春秋のキャンプで使っていないので、気温が低いときの結露が気になる、とレビューで書かれている点については、 確認できていません。

とりあえず真夏の暑い時期では結露は発生しませんでした。(そらそうか)

 

 

まとめ

初心者には断然オススメです!

ドームテントとタープを立てるよりも簡単な設営、レイアウトに迷わない、これだけでも初心者にぴったりです。

しかもお値段もお手ごろ。

去年キャンプデビューをするにあたって、いろんな方のブログを読み漁っていた時は、『ツールームは難しいから初心者はドームテントとタープにしておけ!』と揃って書かれていた気がしますが、カマボコでよかったじゃん!と思います。

 ドームテント+ヘキサタープは、区画サイトじゃなくてフリーサイトを広々使えるなら最高に気持ちいいと思いますが、初めてオートキャンプで区画サイトデビューの方には断然カマボコがおすすめ!

 

手に入りさえすれば、ですが💦

 

 販売は、7月31日昼12:30〜 です!

www.dod.camp

一瞬で完売の可能性もありますので、販売店を確認の上、前もって登録して待機しましょう!

私もタンカラー欲しいなぁ…