CAMP1年生

2017年8月24日、ファミリーキャンプデビュー!主婦目線、小学生の母目線、女性目線のキャンプの楽しみ方を探してあれこれやってみるブログ

ほったらかしキャンプ場に行ってきました!

こんにちは、キャンプ2年目、ママキャンパーのユミ(@fruor.yumi)です。

先日、超人気キャンプ場『ほったらかしキャンプ場』に行ってきました!

12回目、16泊目になります。

 

人気すぎていつホームページを見ても『予約でいっぱいです』と描かれている幻のキャンプ場!

予約の取り方、近隣の遊び場情報なども紹介したいと思いまーす!

 

 

ほったらかしキャンプ場とは?

camp

どんなところ?
●標高約700mに位置する、こじんまりとした手づくりキャンプ場です
 清々しい風と光、太陽と大地のあたたかさを感じられる場所です
 
●ほったらかし温泉のすぐ奥
日の出を見ながらの早朝のご入浴をお目当ての方にも最適な立地です
 温泉まで徒歩3~4分

●富士山、盆地を一望。 
 時間と共に移りゆく景色、きらきらの星空、夜景をダイナミックに楽しめます

 

有名なほったらかし温泉のすぐ近く、歩いて数分のところにできた新しいキャンプ場です。

温泉自体がものすごい人気なので、その温泉を利用できるキャンプ場(しかも新しくてきれい)で絶景も拝めるとあって、予約を取るのは本当に大変です。

 

どうやって予約を取るか?

ホームページを見ると、トップ画面にこれまで100%の確率で『​◯月末までの土曜、3連休は全てご予約いっぱいとなりました』と記載されていました。

人気のあまり一瞬で予約が埋まってしまうんですね。

この難関を突破する方法は3つです!

 

1. 毎月1日の9時から電話をする

これが一番の正攻法です。

 

3ヶ月後の予約を毎月1日に受付開始するので、5月の予約を取りたい場合は、2月1日の朝9時から電話をかけます。

4月の予約を取る場合、3ヶ月前だと1月…1月1日の朝9時から予約受付!?と疑問に思ったので、電話して聞いてみました。

なんと!『はい、1日の朝9時から受付開始します』とのことでした。

2019年の4月分の予約に関しては、元日の朝9時から受付です!

電話してみようとおもいます。

 

ただし!朝9時0分になった瞬間に電話をかけても、高確率でつながりません。(話し中です)

これはもう運なので、数人で頑張ってかけましょう。

 

2. 平日に行く

これは可能であれば一番簡単に予約が取れる方法です。

土日祝日は常にいっぱいですが、平日だと意外と空いているそうです。

夏休みは難しくても、これからのシーズンなら簡単に予約取れるかしれませんね。

 

3. キャンセルを狙う

実は狙い目かもしれない方法がこちら。

3ヶ月前から予約をしても、意外と都合がつかなくなることもありますよね。

また、お子さんが熱を出してしまったり、体調を崩すことも多々…

というわけで、意外とキャンセルが出てる可能性があるはず!

 

ただし、ホームページでキャンセル出ました!などのお知らせはありませんので、こまめに電話をするしか確認する方法はありません。

 

急に行けることになって、フリーサイト行こうかなって時に、試しにキャンセルが出てないか聞いてみるのもいいかもしれません。

運が良ければ熾烈な電話バトルをスルーして予約できるかも。

 

大型連休のみ?と思われるキャンセル料の記載がありました。

キャンセル料
   ◆7~3日前  利用料金の50%
   ◆2日前    利用料金の80%
   ◆1日前・当日 利用料金の100%

8日前ならキャンセル料がかからないので、大型連休の場合は8日前を目安に電話してみるといいかもしれません。

 

いくらかかる?料金システムをチェック

ほったらかしキャンプ場の料金を確認してみます。


​¥宿泊料
​​平日
 
(日~金 ※当キャンプ場の定める日程に準じます)
大人・・ ¥1,500/1人
​小人・・¥ 500/1人
​​ 休前日

​(土曜日・祝前日等。当キャンプ場の定める日程に準じます)
大人・・¥2,000/1人
​小人・・¥1,000/1人

大人2人、小学生1人で土日で利用する場合、

2,000円×2+1,000円+各サイト利用料です。

区画サイトの場合はサイト利用料が2,000円なので、全部で7,000円になります。

 

なお、大型連休はさらに利用料が上がります!

テントサイト宿泊料
¥1500⇒ ¥2,500/大人1名
 ¥500⇒ ¥1,500/小学生1名 
幼児無料
 
​※サイト料金には変更ございません

ということで、大人2人、小学生1人で大型連休に区画サイトを1泊で利用する場合、

2,500円×2+1,500円+2,000円で8,500円!

 

利用料にほったらかし温泉の入浴料は含まれていませんので、別途大人800円、子供(小学生以下)400円がかかります。

 

キャンプ場としては高級ですね。

 

 

設備はすっごくきれいでかわいい!

新しいキャンプ場なので、トイレも水場もとってもきれいです!


f:id:theakatsuki401:20181202174401j:image

f:id:theakatsuki401:20181202174357j:image

 

ただきれいなだけじゃなく、ちょっと楽しい気持ちになるような、オシャレでかわいい作りです。
f:id:theakatsuki401:20181202174350j:image
f:id:theakatsuki401:20181202174405j:image

残念ながらお湯は出ません。

 

 夜景が見える!

ほったらかし温泉といえば、絶景が有名ですが、ほったらかしキャンプ場からも夜景が一望できます。

f:id:theakatsuki401:20181202174520j:image

街の明かりと、空にはたくさんの星、そんな景色の中でキャンプできるキャンプ場は貴重だと思います。

 

フリーサイト最高!

今回利用したのはフリーサイトです。

最大3組までの予約制フリーサイトで、線などはありません。

今回は3家族でのグループキャンプだったので、ここを3家族で貸切で利用でき、すっごく良かったです!

地図でみると、ぽつんと離れているのがわかると思います。

f:id:theakatsuki401:20181115181921p:plain

トイレ・水場までは坂道ですが近いです。

フリーサイトと区画サイト①〜⑤は高低差がかなりあるため、視線も騒音も全く気にならない、グルキャンにぴったりのサイトです!

ただ、2組で予約しているところに1家族で入る…という形だと非常に微妙かと思います💦

フリーサイトは3組で予約するのがオススメです。

 

近隣スポット

ほったらかし温泉

ほったらかしキャンプ場に行ったら絶対行くべき温泉。

というか、ここに行かなかったら何のためにほったらかしキャンプ場に行くのかわかりません。

朝日が昇る時間帯は、週末は大行列でなかなか入れません。

私は並ぶのが嫌いなので、サクッと引き返して、撤収後に改めてゆっくり行きました。

 

あっちの湯とこっちの湯の2つの温泉があります。

どっちか迷ったらサイコロで決められます。

f:id:theakatsuki401:20181202174600j:image

ゆるキャン△で野クルのメンバーが食べてた温玉揚げもいただきました。

f:id:theakatsuki401:20181202174612j:image

 

 

 

笛吹フルーツ公園

車で10分のところにある大きな公園です。

フルーツ大好きな息子は名前を聞いただけで行く前からとんでもないパラダイスだと思っていたようです。

 

子供が遊べるところがいっぱいあり、レストランではフルーツいっぱいのデザートもあり、大満足の様子でした。

f:id:theakatsuki401:20181202174700j:imagef:id:theakatsuki401:20181202174747j:image

 ワイナリー多数

近隣にワイナリーもたくさんあります。

時間に余裕があったので、お気に入りの原茂ワインへ寄り道しました。

f:id:theakatsuki401:20181202174821j:image
f:id:theakatsuki401:20181202174817j:image

朝9時の開店と同時に試飲させていただきました(笑)

f:id:theakatsuki401:20181202174840j:image

 

 まとめ

超絶人気のほったらかしキャンプ場。

行ってみたらその人気に納得の素敵なキャンプ場でした。

 

いいところ

・全体的にセンスがいい

・設備は清潔に保たれていて、小さなお子さん連れにも安心

・区画サイトも段差があり雰囲気がいいです

・歩いていける距離に素晴らしい温泉

・ゴミも捨てて帰れる

 

よくないところ

・料金が高い

・予約が取りづらい

・地面がめっちゃくちゃ硬い(鍛造ペグ用意したほうがいいです)

 

『ファミリーキャンプデビューにはどこのキャンプ場がオススメ?』と聞かれたら、こちらの名前をあげます!

地面が固くてペグを打つのはちょっと難しいけど、そこを除けば非の打ち所がないと思います。

 

またいつか、グルキャンで行きたいです!