CAMP1年生

2017年8月24日、ファミリーキャンプデビュー!主婦目線、小学生の母目線、女性目線のキャンプの楽しみ方を探してあれこれやってみるブログ

刈萱山荘水明館キャンプ場にいってきました

こんにちは、キャンプ1年生のユミ(@fruor.yumi)です。

ゴールデンウィークに2泊3日でキャンプに行ってきました!

 

 

 

今回お邪魔したのは、友人が立ち寄り湯に行った際に見つけてきてくれた、『刈萱山荘水明館キャンプ場』です。

f:id:theakatsuki401:20180508171652j:image

3ファミリーのグループキャンプなので、早めに予約しないとなかなか3サイトはとれないだろうということで、なんと、1月の時点で予約をしていました(笑)

子供も5人いたため、賑やかすぎて施設の写真を撮るのを忘れてしまいました😭

 

東京から岐阜は、渋滞なしでも4時間ほどかかる距離。

しかもゴールデンウィークなので…

もう夜中でた方が良くない?

ということで、深夜0時に出発しました!

 

21時に一度寝ていた息子をなんとか車に乗せて、中央道で向かいます。

双葉で一度トイレ休憩を挟んで、2時半には諏訪湖サービスエリアに到着しました。

途中渋滞は全くなく、ガラガラで運転手の主人もストレスなかったみたいです。

諏訪湖の駐車場は混んでいたので、なんとかトラックだらけのエリアにスペースを確保。

f:id:theakatsuki401:20180508171729j:image

 

諏訪湖で友人ファミリーと合流し、仮眠をとったり朝ごはんを食べたりして、7時前に出発。

ちょっと早く着きすぎてしまったので、近くの道の駅など見物し、キャンプ場の近くのJAで飛騨牛を買ってからキャンプ場へ。

 

こちらのキャンプ場は区画サイトが7つのみです。

キャンプで女性が気になる点といえば、何と言ってもお風呂とトイレ。

トイレはウォシュレット完備です。

お風呂の方はというと…なんと、『日本最大級の混浴露天風呂』が目の前にあって、24時間いつでも入れます!

f:id:theakatsuki401:20180508172005j:image

水着はNGですが、バスタオルOK、女性用の湯浴みのレンタルもありました。

最初はビビっていたものの、男性陣の『絶対一度は入った方が良い』のごり押しもあり、湯浴みを借りてお邪魔してみました。

女湯もお風呂が2つあって十分でしたが、混浴エリアがめちゃくちゃ広くて気持ちよかったです!

 

ただ、露天風呂にはシャワーがないので、かけ湯エリアでシャンプーをしなきゃいけないのがちょっと面倒でしたが、

友人に頭を流してもらって、それもまた面白い体験となりました(笑)

 

 

 

 

 

ちなみに、昼間は半袖で十分な暑さでしたが、夜になると気温一桁まで冷え込みます。

ダウン着てちょうど良いくらい。

途中寒くなったら温泉に入ってあったまりながら、夜遅くまで焚き火しながらお酒を楽しみました。

 

 

キャンプ場の近くに『クマ牧場』があり、赤ちゃんクマを抱っこして写真が撮れる!というイベントをやっていました。

www.nande.com

 

今回のキャンプでの失敗話もあるので、それはまた別に書きたいと思います😅

 

何はともあれ、今回も楽しく安全にキャンプできてよかったです!

また行きたいキャンプ場でした!

 

ゴールデンウィークは新緑が美しく、アウトドアにピッタリな季節だと再認識しました。

来年もゴールデンウィークにはキャンプしようと思います。

途中に幾つかキャンプ場を見つけたので、ここも行ってみたいね〜なんて話しながら帰ってきました。

 

ちなみに、帰りの中央道は25kmの渋滞にはまり、休憩時間を除いても6時間以上かかったと思います。

もう帰りは早朝に出るくらいじゃないと、やっぱり渋滞に巻き込まれちゃいますね。

 

今回のキャンプでわかったことはこちら。

  1. 予約は早めに
  2. 出発は深夜に
  3. 帰りは朝一で
  4. 昼間は夏、夜は冬の格好で
  5. 残念ながら、もう虫は十分いる

忘れないように書いておきます(笑)

 

 

スノーピーク風ペグケースを自作しました

こんにちは、明日からキャンプで浮かれています!

ユミ(@fruor.yumi)です。

 

滑り込みでペグケースを作りました❗️

途中まで作ってたんだけど、途中で材料足りなくなってずーっと放置してたの。

重過ぎる腰を前日になってやっと持ち上げて、えいやっと。

f:id:theakatsuki401:20180427180717j:image

 

ダークベージュの帆布を、赤いテープで縁取ってスノーピーク風に!

ソリッドステーク30ぴったりサイズ。

20でもOKです。

 

帆布を3枚重ね×2するのは家庭用ミシンでは難しそうだったので、折りたたんで縫うのを諦めて、端の処理は綾テープでくるみました。

 

角のカーブはコースターを当てて形を写してカットしてます。

f:id:theakatsuki401:20180427180905j:image

 

f:id:theakatsuki401:20180427181141j:image

ペグハンマーも入れられるようにしたんだけど…巻いて閉じようとしたらちょっとキツかったので、ここはそのうち改良しようと思います💦

 

f:id:theakatsuki401:20180427181254j:image

頑丈にしたかったので、ホームセンターで買ってきたかなり硬めのアクリルテープ(って言うの?)でベルトを作りました。

これなら重いペグたくさん入れても耐えられそうです。

 

とりあえずまだ何も準備してないので、急いで支度です❗️

アウトドアデイジャパン@代々木公園に行ってきました

こんにちは、ユミ(@fruor.yumi)です。

先週末代々木公園で行われていた、『OUTDOOR DAY JAPN』に行ってきました❗️

 

 

入ってすぐのところで、『ザ・プレミアムモルツ 〈香る〉エール』を無料配布していました。

もちろん夫婦揃って列に並んでゲット。

運転手の主人には申し訳ないけど、午前中からいただいてしまいました❤️

f:id:theakatsuki401:20180409201710j:image

 

焼きマシュマロもいただきました😊

f:id:theakatsuki401:20180412142557j:image

 

こんなのもやってました。

うちの息子はビビってやだ〜と逃げたので見るだけでしたが、ちょっと乗ってみたかったな。

f:id:theakatsuki401:20180409202452j:image

 

燻製もやってました❗️

今度のキャンプでやってみたいです。

f:id:theakatsuki401:20180409202631j:image

f:id:theakatsuki401:20180409202620j:image

 

かっこいいクルマがたくさん展示されてました。

f:id:theakatsuki401:20180409202805j:image

こちらのランクル、なんと内装が…

f:id:theakatsuki401:20180409202915j:image

ペンドルトン柄✨

お値段見なかったけど、かなりお高いらしいです。

 

L.L.Beanのこんな車もありました。

f:id:theakatsuki401:20180409203025j:image

 

 

そして、今回のお目当のチャリティーオークションに参戦しました❗️

 

どうせ買うつもりのものは、同じお値段でも気分いいしね、と言いながら。

 

f:id:theakatsuki401:20180409203111j:image

 

友達から頼まれて、SOTOのステンレスダッチオーブンを2万まで出すつもりで待機。

 

すると横で、主人が予定にないコールマンのインフィニティチェアを落札😂

7,200円だったかな?

いいんですけど…家計からは出しませんよー❗️

 

無事、ステンレスダッチオーブンも19,000円で落札できました。

たいして安くないけど、ただAmazonで買うよりも、なんとなく気分いいですね。

 

オークションで落札したものは、自分で持ち帰らないといけません。

配送はしてないので大物狙いの方は気をつけて〜💦

大物かうかもしれないし、と車で行って大正解でした❗️

 

ちなみに、オークション終了後にSOTOさんのブースに買いましたよ〜❗️って言いに行ったら、なんとケースをオマケしてくれました✨✨✨

友達のだけどすっごく嬉しい😆

 

コールマンさんにも立ち寄り、ぷくぷくシールをもらいました(笑)

息子が喜んでました。

 

始めてのアウトドアデイ、かなり見所満載でした。

オークションで買ってなかったらまだまだ見たかったなぁ〜

また次回も行きたいです。

 

小川張りは諦めて、過保護張り

今日は、最近の週末の楽しみはアウトドアショップに行くことになりつつあるユミ(@fruor.yumi)です。

 

今年アメニティタープを買い足し(激安でゲット)たので、

『小川キャンパルのセッティングテープをゲットして、アメニティドームとアメニティタープを小川張りしたいね❗️』と、主人と盛り上がりました。

 

 

 

 

小川の製品を取り扱っているお店って、うちの近くにはあまりなくて、どこに行けばみられるの?と二人で調べてノリノリでWILD-1にいったのですが…

店内くまなく探しても見当たらない。

店員さんを捕まえて聞いてみました。

 

この店員さん、とっても詳しく教えてくれました。

セッティングテープは小川キャンパルの『システムタープヘキサ』の付属品で、単体では販売していないものなんだそうです。

以前コールマンが韓国向けに出していたそうですが、それも今は日本には入ってこないとのこと。

 

どうしても小川張りがしたければ、自作するか、自作したものをメルカリなどで購入するか。だそうです。

 

ちなみに、今年発売された『スノーピークエントリーパック』なら、なんとテント・タープ・セッティングテープ全部セットです‼︎

もし我が家のキャンプデビューが今年だったら、きっとこれを買っていたと思います。

 

 

売ってないものなら、セッティングテープの作り方を紹介している方がとっても多かったのも納得です。

私はものを作るの大好きなので、作ってもいいかなーと思いましたが、強度が心配で。

 

店員さんによると、『どれくらいの強度のパーツを使えばいいのか、とか考え出したらきりがない、多分アウトドアやる人は倒れたらまた張ればいいやくらいの気持ちで自作してると思う』と…

そうですよね、アウトドアですもん。

なんでも自分で作って、失敗しても何度もやり直すんですよね。

 

で、この店員さんの個人的な意見としては〜と教えてくれたのが、『過保護張り』!

小川張りよりも簡単だし風吹いても怖くないよ〜と。

過保護張りってのは、タープの下に入り込ませるようにテントを張ることなんだそうです。

タープに対して直角に貼っても、ポールとロープの間から斜めに突っ込んでもOKとのこと。

それなら私もできそう!と盛り上がり、結局何も買わずに帰ってきました💦

あんなに捕まえて色々教えてもらったのにすいません🙏

 

というわけで、先週お花見バーベキューをした際、小さい子供もくるのでテントも貼ってみました。

 

今見てみると、もっと中突っ込まなきゃだめじゃない?と思いました💦

f:id:theakatsuki401:20180403185814j:plain

f:id:theakatsuki401:20180403185851j:plain

敷地が広かったのでかなりゆったり張っちゃいましたが、区画サイトでこんな張り方できるかなぁ。

 

この後5家族集まって思いっきりバーベキュー楽しみました❗️

一緒に花見してた友達も、キャンプ行きたいと言い出したので、ちょいちょい勧誘したいと思います👍

 

 

 

エリッゼ 燕三条TSBBQホットサンドメーカーを使ってみました

こんにちは、気温と比例してアウトドア熱が上昇中のユミ(@fruor.yumi)です。

春を通り越して初夏のような暑さ!

昨日は1日お花見デイキャンプをしてすっかり日焼けしてしまいました。

 

 

 

 

さて、先日ポチったホットサンドメーカーが届きました!

 

www.camp1nensei.com

 

 

 パッケージもおしゃれででテンション上がります。

『燕三条』をイメージしていると思われる、3本線とツバメのイラストが描かれています。

f:id:theakatsuki401:20180402171957j:image

 

作り方もイラスト入りです。

f:id:theakatsuki401:20180402172131j:image

 

届いてから気づきましたが、焼印も『燕三条』イラストでした! 

f:id:theakatsuki401:20180402172145j:image

上下のパン両方に焼印が入ります。 

f:id:theakatsuki401:20180402172201j:image

 

 接合部分の作りもしっかりしていてクオリティ高いです。

さすが日本製!

f:id:theakatsuki401:20180402172215j:image

 

 

f:id:theakatsuki401:20180402172233j:image

 

f:id:theakatsuki401:20180402172249j:image

 

パンを挟むことを想定した余裕をもたせつつ、閉じるとぴったりです。

f:id:theakatsuki401:20180402172302j:image

 

というわけで、早速食パンを買ってきて作りました!

今回、スーパーで珍しく『10枚切り』を見つけ、これなら一人2枚使ってホットサンド作ってもちょうどいいね!と喜んで買ってきたのですが、帰宅後説明書を確認すると『6〜8枚切り』を推奨されていました…

そりゃそうです、10枚切りなんて滅多に見ないもんね。

 

でも気にせずに焼いてみます。

特にちょうどいい具がなかったので、シンプルにハムとチーズを挟んで。

 

焼印の感じ。

ちょっと薄かったかな?

主人は『10枚切りで薄いから焼印がつきづらいんじゃない?』と言っていました。

確かにミミのところはしっかり色がついてますよね。 

f:id:theakatsuki401:20180402172325j:image

 中はチーズがトロトロでした。

 

f:id:theakatsuki401:20180402172340j:image

ちなみに、包丁じゃないと切れないんじゃないか、と心配していましたが、今回の『10枚切り+ハムチーズのシンプルな具』の場合は、キッチンバサミでも問題なくカットできました。

コロッケとかメンチカツとかハンバーグとか入れたらさすがに難しいかも。

 

あと、今はどこの家庭もキッチンのコンロに高温になると自動的に弱火になるセンサーが付いていますが、こいつが厄介です。

あっという間にセンサーが働いて超弱火になってしまいます。

 

強火で炒めモノをするときのための、『センサー温度高め』の設定にして、なんとか片面3分弱で焼き上がりました。 (それでもセンサーは途中で働きます。)

あれOFFにできたらいいのにといつも思っています…

 

ま、キャンプの時はセンサーのないカセットコンロで焼くので問題なしです!

何より美味しいし洗いやすい。

ヤッパリ上下別れるタイプにして大正解でした!

自信を持ってオススメです👌

 

 

 

 

キャンプの朝にはホットサンドが食べたい!

こんにちは。

キャンプ1年生、宿泊回数2泊、春になり頭の中がアウトドアでいっぱいのユミ(@fruor.yumi)です。

 

来月のキャンプに向けて、毎日キャンプ通の方のブログとアマゾンを徘徊しまくっています。

今回は2泊、料理上手な友達とのグループキャンプなので、昨日もその友達と、食べるものにこだわりたいね!と話していました。

 

友達はダッチオーブンを買おうと思ってるとのこと!

ただ私が欲しいだけですが、『SOTOのステンレスのダッチオーブンが良さそうだったよ!』とふき込んでおきました。 

ミラー仕上げなんてのもあるんですね。
かっこいい〜
 
 
 
今日は、悩んで購入したホットサンドメーカーについて!

いろいろ調べてみたことと、最終的に購入したものを紹介したいと思います。

 

 


キャンプの朝、何食べる?

 

 
去年のキャンプでは、2日目の朝はチーズトーストとハムエッグ、3日目の朝は焼き魚定食。
どちらも本当に美味しかった😋
 
我が家では、普段朝ごはんは7:3でご飯が多いんですが、『キャンプの朝にはホットサンドが食べたい!』と去年から話していました。
 
 
家でホットサンドを作るときは、電気式のビタントニオを使っています。
かれこれ8年くらい使っていてちょっと温まるのが遅くなってきました。


今売っているものとは形も違います😅
そろそろ買い換えどきなのかな?
 
このビタントニオ、以前は週に1回くらいは使っていたんですが、最近はマンネリでたま〜に(年に5〜6回?)使う程度になっていました。
特にホットサンドは、欲張って具を詰め込む→だいたいチーズがはみ出てプレートにこびりつく→洗うのが面倒…という負のループでもう1年以上やっていませんでした。
 
使うのはワッフルを焼く時だけ。
本当は処分したいけど、息子がワッフル好きなので、もうしばらく頑張ってもらいたいです。
 
 


直火用ホットサンドメーカーを買おう

 
話を戻して、キャンプで使える直火用ホットサンドメーカーを買おう!と思い、いろいろ見ていました。
 
キッチン関係のものは、決定権が完全に私にあります。
せっせと調べていると、主人から『ホットサンドメーカーまで買うの?ちょっと買いすぎじゃない?』と、水を差されましたが、気にせず続けます。
 
 


ホットサンドメーカー選びのポイント

 

 

調べてみると、いろいろ考えなきゃいけないポイントが見えてきました。

 

例えば…

 

パンのミミはつけたまま or 切り落として

 

耳ありタイプの食パンでそのままOKのタイプと、耳を切り落とす、またはサンドイッチ用のパンを使うタイプがあります。

大半はミミ有りでいけるようですが、スノーピークのものは、ミミ無しじゃないとダメみたいです。

 

縁の部分は 圧着する or 圧着しない

 

ホットサンドメーカーってどれも縁が圧着されるものだと思ってましたが、意外とくっつかないものが多くあることを知りました。

バウルーのもの(ダブルタイプ)はしっかり圧着されるみたいです。

 

真ん中で 別れるタイプ or 1枚のタイプ

 

四角い食パンを半分に切るように仕切りが付いているものと、そのままのサイズで焼きあがるものがあります。

バウルーにはダブル(仕切りあり)とシングル(仕切り無し)両方あります。

 

 

上下のパンが 外れる or 外れない

 

上下のパンが、繋がったまま開閉するタイプと、外せるタイプがあります。

外せるタイプはミニフライパンのように使ったりもできて、キャンプでは重宝しそうです。

このコフランのものはスキレットみたいに使えそうで候補の一つでした。

 

焼印 あり or なし

 

焼きあがったパンの表面に焼印が入るタイプのものもあります。

チャムスのブービーバードとか、かわいいです!

ただのおまけかと思っていましたが、食感が変わって美味しさUPするというレビューも見かけました。

 

持ち手が 外れる or 外れない

 

アウトドア向けの製品は、荷物をコンパクトに出来るように、持ち手が外れるものもあります。

コールマンのは持ち手を外してコンパクトにしまえるみたいですね。

スノーピークのものは持ち手を畳めます!すごい!

 

他にも素材、デザイン、重さ、もちろん価格も。

 

 

我が家の条件

 調べる前は、有名だしバウルー一択かな、と思っていたのですが、これだけ違いがあると悩みます。

 

私の希望は、

①耳付きのパンで作れる


ダントツで譲れないのがコレ。

家で焼いたパンはもちろん全面ミミが付いているし、市販のものもミミを落とすのもったいない!

サンドイッチ用のパンだと小さくて食べ応えがないし。
耳だけ残しても多分うちの家族は誰も食べない。

 

②縁の部分が圧着される


圧着されていないと、具材がはみ出そうだし、かじりついた時に熱い具がむにゅっと出てきそうな気がします。


③上下のパンを外して洗える

外せないと蝶番になっている部分が洗いにくくて汚れが貯まりそう。
ましてうちの洗い物担当の主人の雑な洗い方を見ていると、不安でなりません。(なら自分で洗えばいいのですが😅)
外して思いっきり洗える方が楽ですよね。
この点は主人も『絶対外れるタイプがいい!』と言っていました。

外せるタイプは個々でミニフライパンみたいに使うこともできるみたいです。


この3つは絶対譲れない点です。

 

最終候補2つ!

 

この3つの条件に当てはまって、最終的に残ったのが、コールマンと村の鍛冶屋のもの。

 

 

①ミミ付き

②圧着

③セパレート出来る はクリアしています。

 

違うポイントは仕切りの有無。

コールマンのものは仕切りありです。

出来上がってからカットするのに、二つに分かれているタイプだとキッチンバサミで切れる(まな板と包丁を汚さないで済む)ので、できれば仕切りがある方がいいなと思っていました。

村の鍛冶屋のは仕切り無し。

シングルタイプの方が沢山具を入れられるみたいなので、それもまたいいかな?と。

また、仕切りのないタイプならスキレットを持っていかなくても良くなるし…と二つの間で揺れました。

 

持ち手はコールマンは取り外し可能、村の鍛冶屋は取り外し不可ですが、オートキャンプなのでそこはあまり気にしませんでした。

逆に、取り外し可能だと破損や不具合の元になるかな?と思いました。

 

我が家はこれに決定!

 

最終的に、我が家は村の鍛冶屋に決定しました!

 エリッゼステークで有名な村の鍛冶屋さんということで、信頼感があります。

コールマンの方は破損のレビューも少し見かけたので。

 

また、焼印の模様もおしゃれな感じだし、何と言っても日本製です!

キャンプ道具の中にしまいこまずに、普段からキッチンに置いておきたくなるデザインも決め手でした。

 

 

www.muranokajiya.jp

 

 

村の鍛冶屋さんから直接購入すれば、税込価格3,240円(本体価格:3,000円)です。

10,800円以上で送料無料ということなので、他にも買うものがある方はこちらが一番お安く買えそうです。(2018/03/30現在)

 

 

 

実はホットサンドメーカーを買いたいがために、昨日今日と朝食にビタントニオで久しぶりのホットサンドを作りました。

主人にも息子にも大好評!

案の定主人から、『直火用のやつ洗いやすそうだし家でも使えるよね』とか、『キャンプだけじゃなく使えるなら買ってもいいんじゃない』とか、乗り気な発言を引き出し、晴れて購入決定。

私は送料をかけるとAmazonの方が安かったのでポチッとしました。

今日届く予定です!

明日の朝もホットサンドかな〜♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

囲炉裏テーブルを買いました

こんにちは。

キャンプ1年生、宿泊回数2泊、冬の間はすっかりインドア生活をしていたユミ(@fruor.yumi)です。

3月に入ってから、我が家のアウトドア熱が急上昇しています!

11月を最後に遠のいていたデイキャンプをひと月に2度し、グッズを追加し、さらに欲しくてアマゾンの欲しいものリストがどんどん増えてきました。

 

 

 

 

今日アマゾンさんから届いたのは、囲炉裏テーブルです!

焚き火を囲んで団欒…というのに憧れて、

そして、バーベキューのときにテーブルとグリルの間を行ったりきたりするのがいつもちょっと面倒だなぁと思ってたので。

 

ただ、予算は限られているため、コストはシビアに抑えました😅

 

購入したのはこちら〜

 

尾上製作所(ONOE) マルチファイアテーブル MT-8317

尾上製作所(ONOE) マルチファイアテーブル MT-8317

 

 ・作りはしっかりしているらしい

・4つに分割して、それぞれ単体でも使える

・お手頃価格

・以前購入した尾上製作所の製品がよかった

ということで、これにしました。

 

 

本当はスノーピークとか欲しいけど、なんせ3万円オーバー😭

自分たちのキャンプスタイルがしっかりできるまでは、変わる可能性があるものについてはきっちりお財布の紐を締めていこうと思います。

だってキャンプ道具って本当にいくらでも欲しいのが出てくるんだもん…

 

今週末早速デイキャンプで使って見る予定です♪

我が家の焚き火台はコールマンのファイヤーディスクなので、これと合わせて。

 

そして、4月に2泊でキャンプに行くので、その予行でテントとタープも張って、フル装備でデイキャンしてきます!

 テントとタープはこれです♪

 

去年キャンプデビューした話を久しぶりに会った友達にしたら、「キャンプって沼でしょ、絶対ハマっていっぱいお金使うのわかってるからうちはやらない」と言ってました。

全く反論できません!

まぁでも、旅行に行くと思えばね。

 

我が家は子供が小さいうちは、旅行は年に1度、その分何回もキャンプ行こう!という

方針で行くことにしました。

週末が楽しみです♪